-

為替介入というものをご存知でしょうか?日銀が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞、雑誌、テレビ番組、ネット等のニュースで目にした人もいると思います。男 陰毛 脱毛

初めから為替介入(外国為替市場介入)というのは我が国では、・財務大臣が為替レートの安定性を保てるように行なう方法ということで考えられています。脱毛 高崎

簡単に言うと、激しい円高もしくは円安になると財務大臣の指示によって中央銀行(日本銀行)円を売り買いして為替レートを安定化させるというものです。

為替介入(外国為替平衡操作)はいくつか種類があります。

1.単独介入・・・行政や日銀が、東京での市場で自らが市場に入って外国為替平衡操作(為替介入)をする。

2.協調介入・・・いくつかの銀行などが話し合ったうえでそれぞれの通貨当局の資産を使って一斉にあるいは引き続いて為替介入(外国為替市場介入)して行く。

3.委託介入・・・異国の通貨当局に向けて為替介入(外国為替平衡操作)を依頼する。

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が他国の銀行などと代わって為替介入(外国為替市場介入)をする。

この通り種類があります。

いずれの介入も一時、継続して為替レートに大きな影響力を与えると思います。

介入の金額は当然国家の権威をかけて行なうのですから桁違いです。

円を元にしてみると、日頃は数銭ずつ変動している円相場が突然数円ずつの変動をします。

個人で投資をしている方であれば過去に経験したことがあると推測できますが、そこまではスムーズに含み益(あるいは損失)が増えている持ち高を維持していたのですが、保持している保有高が決済したという通達がFX業者よりメールが届き。

どのくらい儲けが出たのかな(損したのかな)?と考えつつ決済データを確認したら、自分の中で予測していた結果とは逆の事で目が点になってしまうという例がよくありました。

為替介入が行われた時によく聞く話です。

以上のように為替介入(外国為替市場介入)が実施されることで、為替市場の変動と逆の動向をすることがわかります。

それだけでなく変動する額の幅は相当大幅に変わるため用心が必要なのです。

Category

リンク