-

新聞の宣伝広告、電話ボックスに張り付けられたビラやダイレクトメールで「多重借金の片付けやります」「負債をひとつにしませんか」などといった売り文句を読むことがありますよね。

そういったものは、「片付け屋」「買取専門人」「つなぎ屋」という名の悪徳企業の嘘広告のケースもあるということなのです。

利用した場合は破産申請手順の中で一番大切な免責許諾を受け取れない可能性もありえます。

「整理屋」は広告などで借金を抱える人はおびきよせ相当なサービス料を受けて債務整頓を行うのですが、実際は負債整理はされず、債務者はもっと債務地獄にはまるときがほぼ全部と言えます。

「買取業者」の場合、債務者のクレジットカードで電化用品、コンサートの券をいっぱい買わせて、依頼者からこれらの物品を買った値段の10%あるいは額面半値で買い上げるという方法を使っています。

債務人は一時は小金が懐に入りますがクレジット会社によって商品価格の催促が届き、実際は債務額をアップさせる結果となります。

このケースだとクレジットカード会社相手の詐欺とされて免責承認を受けられません。

「紹介屋」とは大口の金融業者から拒絶されるようになった借金人に対して、業者としては資金提供は全然せずに、融資を受けられる違う店を呼んで、高額な費用を出させる業種です。

紹介人は高度な紹介で資金提供可能となったかにしゃべりますが実際は特に何もせず、単に規程のゆるめの会社を伝えているというだけです。

この場合も実際は債務額を増大させる結果に終わります。

Category

リンク