-

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は外貨を売り買いして利ざやを狙う商取引です。ケノン

売買の値段は、常に変動しています。プール ウォータープルーフ 日焼け止め

それがマーケットです。まんが日本昔ばなし DVD チラシ

ニュースサイトを見ていると通貨の市場の情報が流れる状況があります。コンブチャクレンズ

「現在のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。プルエル 口コミ

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという事ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを示しています。非変性U型コラーゲン 効果

つまり、売り買いには買いと売りの両方の価格が存在している事を表しています。ゼロファクター 価格

売値、買値の事を別の言い方で表している取引業者もあったりします。ゼロファクター 体験

普段は売値の方が買値よりも低い値段に決められています。すごいコラーゲンジェル

自分が買うときには高く、売るときには安くなるはずです。ピューレパール

この差額をスプレッドといい、FX業者の利益となっています。

スプレッドの狭さはFX取引会社によって異なります。

スプレッド幅は自分にとってコストになるので、小さいFX会社をピックアップしたほうが優位です。

ただし、同じFX会社でも場面に応じてスプレッドの差は広くなったり狭くなったりします。

仮に平常時はドル円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの幅であるとしても、マーケットの上下動が大きい場合には大きくなったりする場合があります。

そのため、スプレッドが低いのと共に、変化しないということが必要です。

現在では固定でスプレッドを見せるFX会社も多数あったりします。

現実にFX業者の取引画面の上で現実の為替相場をチェックしなければ判断できないのでやっかいですが、不可欠な事です。

貴重な資金を使ってトレードするのだから現実のエントリーの前に、興味があるFX取引会社の新規取引口座開設をどんどんして、表示されているスプレッドの幅を知っておきましょう。

同じ外貨でもその時点の為替の変動率によって、外貨のスプレッドの差は変わります。

普通は、インターバンクで流動性の高いペアではスプレッドの幅が小さく、あとの通貨ペアではスプレッド幅が広くなる傾向にあります。

Category