-

車を売却する場合、さらに中古車の査定の際も印鑑証明という書類が必要になります。この印鑑証明に関して説明していきます。印鑑証明とは、実印として認められているという事実を証明する目的のものです。この書類がなければ、その印鑑が実印であるということが実証できません。大きなお金が動く商談になる自動車の売買のため、どうしても実印が必要になりますが、その時に印鑑証明書が要るのです。印鑑証明を交付してもらうためにはあらかじめ印鑑証明をしておかなければなりません。印鑑証明に登録する印は実印と言われ、同じものが二つとないはんこであることが条件です。この印鑑を準備して役所の受付に行けば印鑑登録の手続きができます。手続きが終わると印鑑登録カードなるものが発行され、登録が完了した印鑑は実印になったということになります。印鑑証明書を交付してもらうには、市役所などの取次ぎ所へ行き、専用の用紙に必要事項を書いて、印鑑登録カードを出すだけで大丈夫です。さらに、自動交付機でも印鑑証明の書類を発行してもらう事が可能です。印鑑証明そのものには有効期限はないのです。なので、どれだけ前の印鑑証明でも効力は持続するということになります。しかしながら中古車買取の際には、必須条件として現在より3ヶ月以内に発行された書類とされています。普通は有効期限を気にする必要はないですが、愛車の買い取りの際には店側が有効期限を決めているのでもしも自動車売却を考えているとしたら、手放す前に手元に置いておくとスムーズに進みます。

Category

リンク